今はサイレースとロゼレムを飲んで眠っています

今をさかのぼる事7年前、うつ病にかかり会社を辞める事になりました。うつの治療薬を飲み毎日養生しましたが、治ったと思ったら再発をしたりと非常に苦しい日々が続いていました。


そんな感じで日々を過ごしていたのですが、うつ病の症状が緩和され、また働く事になりました。今度こそはうつになるまいと思ってがむしゃらに仕事に打ち込みました。


しばらくはうつ病の症状も出る事が無く順調に働いていました。そんな日々でしたが、ある時期を境に毎日猛烈に働き、家に帰っても妻を捕まえて何時間も話をしたり、睡眠時間わずか二時間という生活を送るようになりました。


そんな過剰に元気だったある日、急に謎の体調不良になり起き上がれなくなりました。とにかく体がだるく、食欲もありません夜も眠れなくなり困り果てて掛かり付けの精神科の病院に駆け込みました。色々カウンセリングをしてもらい病気の正体が判明しました。


病気の正体は躁うつ病です、これまでのうつの治療を止めて躁うつ病の治療をする事になりました。何といっても眠れないのが辛いので睡眠薬を処方してもらいました。


初めにマイスリーという薬をもらいましたが、これは自分に合わずあまり効果がありませんでした。医師にその事を相談すると次にサイレースという薬を処方してくれました。この薬は自分の身体に合っていたみたいで、ようやく夜眠れるようになりました。


睡眠薬は一度飲み始めると飲むのを止めた時に、不眠になったりするそうです。今の自分には睡眠薬は欠かせません。最近ではサイレースだけではあまり寝つきが良くないのでロゼレムという薬も出してもらっています。二つの薬の効果でようやく眠れている状態です。


本来なら昼間に身体を動かすなり、頭を使うなりすれば薬を飲まなくても眠れるのでしょうが病気のためその気力が無く横になって苦しんでいる状況です。今は睡眠薬が無いと眠れません。


今後はどうなるかわかりませんが、時には薬の力も借りて病気に向かいあっていかねばならないと思っています。

私は不眠症というほどではないのですが寝つきがかなり悪いほうで、横になってから意識がなくなって完全に眠りにつくまでに2時間くらい平気でかかってしまうこともありました。


私は体質的に一日に7時間は眠っておかないと次の日に仕事に差し支えます。「ちょっと眠いな」とかいうレベルじゃなくて業務中にうつらうつらと船を漕ぐのを制御できなくなるレベルで眠気に弱いのでこの7時間は絶対に確保しなければなりません。でないと部長にどやされます。


ですが、2時間の横になって眠れずにいる時間を私の体は睡眠にカウントしてくれないようなのでその眠りにつくまでの2時間を足して、実質的に9時間を毎日睡眠で拘束されてしまっていました。


次の日7時起きだと22時睡眠になります。この睡眠時間22時ー7時の生活はかなり自分としてはつらかったです。


酒を飲んで無理やり眠るという方法も考えたのですが、私は割りと酒に強いほうで眠くなるまで酒を飲むと、今度は翌日に酒のにおいをプンプンさせながら出社する羽目になり、これもまた部長に殺されます。


もうこれは薬の力に頼るしかないなと思い、睡眠薬よりは安全そうだと睡眠導入剤を使ってみたのですがこれがヒットでした。飲んで30分くらいで完全に眠りにつくことができるようになりました。


さらに導入剤を飲んで眠った日はかなり眠りが深いようで、次の日の朝の目覚めがとてもはっきりしています。


導入剤は体質で効く効かないがかなり左右されるようなのですが、私には大ヒットでした。(ただし、友人にも進めてみたのですが、友人はまったく効果がでないそうです)

睡眠薬とは上手に付き合えばいい

私は精神科で五年ほど前から睡眠薬を処方してもらっています。それまでは薬局で売っていた睡眠導入剤などを試したこともありますが効き目が見られず、うつ病のような症状も覚えていたことから精神科を受診しました。


処方されているのはサイレース1mgとヒベルナ5mgです。余談ですがヒベルナは在庫として置いている薬局が少ないような気がしますね。今まで初めて処方してもらう薬局ではどこも初めは置いておらず取り寄せてもらっていました。


珍しい薬というわけでもないと思うのですが何故なんでしょう。


私は今まで定期的に他の睡眠薬を服用したことがないのですが、主治医の先生いわく私に処方している睡眠薬は依存性が少ないのだそうです。もっとも薬である以上、過剰に摂取することは論外ですが。


服用すると一~二時間ほどして眠気が襲ってきます。布団に向かう足がもつれそうになるほどです。覚醒はわりとはっきりしていると思います。日中にだるさが残るようなこともありません。


また眠剤は車を運転する前、アルコール飲料といっしょには絶対飲んではいけません。ですが、わざわざそんなことをする人もいないでしょう。


睡眠薬は上手く付き合えば、日中の眠気や生活サイクルの乱れの改善も期待できます。利用するときは自分に合ったものを探しましょう。

MTBlog50c2BetaInner

2014年7月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリ

MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 5.2.7